スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KR250S(やっと)納車。。。

S_R0010221.jpg
S_R0010220.jpg

クーラント液漏れ修理をしていたKR250Sがやっと納車しました。
今回のクーラント液漏れは、修理する際に「Oリングと液体ガスケットで対応しました。」と。

う~ん。KR250はほとんどの部品が欠品だと言うことは知っていましたが、いきなりその洗礼(?)を受けるとは・・・(_ _;)さすがカワサキの迷車です。


さて。私自身は自動二輪をとって約1年、まだ初心者の域を出ていません。
それまでに乗ったバイクといえば・・・XR50とセロー225だけです。次のバイクとして2ストであるKR250に手を出すのはか~なり無理がありました。

まず始めに手こずったのが、キックによる始動でした。
何度キックしてもダメでしたのでお店の方にヘルプしてもらい、何とかエンジンが始動。
「とりあえず試乗コースを走ってみたら」
「パワーバンドに入ると、急激に加速するから気をつけてね」
「大体6、7千回転ぐらいからパワーバンドに入るよ」
「でも、タコメーターの不具合で7千回転ぐらいで針が止まるよ」
等アドバイスをもらい、いざっ走り出しました。

初めて乗った感想は「少し怖かった」事です。
スタート時はエンストしそうになるし、少しだけパワーバンドに入れると急加速。
あとは(やはりと言うか)クラッチとアクセルが重く感じることです。

この後、自宅まで乗って帰るころには、少しだけ慣れて(何とか)乗れるようになりました。
少しずつ慣れていってパワーバンドも使えるようになると楽しいだろうなぁ。
でもその前に、クラッチのグリスアップとワイヤーの給油、スロットル周りの整備等。
タコメーターも何とかしないといけないし、他にも色々と・・・。

KR250、苦労することが多くなりそうです(イロンナイミデ)
スポンサーサイト

菅笠を購入しました。

四国のお遍路さんが使っている菅笠です。
私の場合、四国遍路、としてではなく農作業するときに帽子代わりに愛用しています。

この菅笠は帽子と違い、笠と頭の間に隙間ができるので風通しが良く蒸れることはありません。
また、太陽の日差し除けになるので気に入っています。

S_R0010217.jpg


しかし笠の構造上、強風や突風に弱く先日も農作業している時に風にあおられて壊れました。
そこで、近くの仏具店に行き買ってきました。

買ってきた菅笠にはビニール製のカバーと細い紐が付いていましたが特に必要がないので撤去。
手芸店で買ってきた太目の紐と紐押さえを付けて笠の脱着がラクになるようにしています。
あと、頭にあたる部分には包帯を巻いています。

S_R0010218.jpg

KR250S納車、のはずが・・・。

最近、程度の良さそうなKR250Sを、とあるショップで見かけて一目で気に入り即購入しました。

このKR250、カワサキの中でも希少車&迷車と言うキワモノバイクです。。。
友人にKR250を買ったことを伝えると、「チャレンジャーだね」と言われました。
セロー件で、少しは学んだはずなのですが。)

そして
ショップから「納車整備完了」の連絡があり、KR250を受け取りに行くべくセローで出かけました。
なぜ、トランポ(ハイエース)でないのかと言うと、、、理由は「早く乗りたかったから」

そのため
セローでショップに行く
 ↓
一旦セローを預けてKR250で帰る
 ↓
トランポ(ハイエース)でセローを取りに行く
 ↓
帰宅
と言う段取りのはずでした。



しかしKR250を暖気して、いざ発進!しようとした時に「ちょっと待って!!!」とショップの店員に呼び止められました。
なぜ?と思いつつバイクから降りて話を聞くと・・・なんとクーラントがもれていました。

「整備や試乗では問題なかった」とショップの店員も言っていたのに。
う~ん。このKR250、一筋縄ではすまない予感です。

再び整備が終わるまでお預けです。

ツアークロス用TXホルダー

S_R0010211.jpg

これ、ツアークロス3のバイザーを外してターミネーター仕様に必要なホルダーです。
1つのヘルメットでオフロードもオンロードも両方使うのに、とても便利です。

あと純正品には附属品としてボルト(プラ製)も付いているので失敗しても安心。
(余談ですが、取説のはヘルメットのボルト(プラ製)は10円硬貨等を使うように記載されているのでコインドライバーを使うと便利かつスムーズに作業できますヨ)

これでますます、バイクライフが快適になります。

バイザー仕様
S_R0010209.jpg
S_R0010208.jpg

ターミネーター仕様
S_R0010214.jpg
S_R0010213.jpg

少し変わったドライバー

世の中のドライバーには「これは便利」と賞賛するものと、買ったものの「やっぱり使わないか」と
思うものがあります。

それはコインドライバービットとオフセットドライバー・スタビー差替ドライバー。


コインドライバーとは、その名のとおり先端がコイン状(先端が幅広くて厚くて曲線状)になっているドライバーです。
セローの場合、クランクケース左側中心とその上の覗き窓のカバーを外す時に重宝します。

過去に大き目のマイナスドライバーとか500円玉でカバーを外そうとして、なめてしまった経緯があり探して見つけたのがこれです。
S_R0010212.jpg


これはビットタイプになっていて電動ドライバーのビットと同じサイズなので汎用性はかなり高いです。

最近では、ツアークロスのバイザー・シールドを固定しているボルト(プラ製)を外す時に重宝しました。


私の場合、ベッセルの「ベクトル差替ドライバー」と組み合わせて使用しています。
※参考までに
品名:16×80mmコインドライバービット
型番:EA813AZ-1


次に、買ったものの「やっぱり使わないか」と思ったのがこれ

S_R0010210.jpg
オフセットドライバー(左)とスタビー差替ドライバー(右)

ホームセンターで買い物をしているとき、なんとなく購入。
整備で使うかな?と思ったが工具箱の肥やしに・・・

セロー225購入記・その②中古維持整備にはお金が・・・。

セロー225に乗っていて感じたこと。それはとにかく疲れると言うことでした。

重いクラッチとアクセル。ギアは入りづらく加速は鈍感(高回転で引っ張ると回転数が先に上がることがある)。
マフラーからは「パン、パン」と音が出るし、止まるとエンストする時がある。
ライトは暗すぎる。

原因を知るために、友人に聞いたりネットで検索したりして調べていくと・・・
・暗いライト
  ⇒年式が古いため
・重いクラッチとアクセル。
  ⇒ワイヤーは注油されておらず錆びていた。
・ギアは入りづらい。
  ⇒原因は不明
・加速は鈍感(高回転で引っ張ると回転数が先に上がることがある)。
  ⇒クラッチが焼きついていた。
・マフラーからは「パン、パン」と音が出る。止まるとエンストする時がある。
  ⇒キャブの整備不良。
つまり、ろくに整備されていなかったのである。

「少しずつ勉強して整備していけば良い」と決めたので、工具をそろえて簡単そうな所は自分で。
難しそうな所はショップに頼んで整備を進めていったのだが・・・

「予想以上にお金がかかる」と言うことに気がついたのである。

・ヘッドライトを後期型に変更。
・スプロケットとチェーンの交換。
・ステムベアリング交換とグリスアップ
これらはショップに整備をお願いして、かかった費用は約7万円。
社外マフラー(約4万円)とキャブをPWK28(約3万5千円)を交換。
その他、消耗品を交換(~数千円)
さらに自分で整備する為に工具を購入。(大体5万円)

この時点で、少なくとも19万円の諸費用がかかっているのである。

このセローは10万円で買ったが、維持整備で倍以上の金額が・・・(泣
さらに言えば、まだ手をつけていないところが・・・。

今更、泣き言を言っても仕方が無いので「勉強代」と開き直る事に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。