スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セロー225購入記・その①中古バイクは要注意。

S_S_R0010201.jpg

約1年前に普通自動2輪免許を取った後はじめて購入したバイクです。
(頻繁に整備しているのでシュラウドは外しています。)

林道ツーリング目的でバイクを探している時に、オフロードに詳しいショップが近所にある事を知って
色々と相談したらこの中古のセロー225を進められました。
年式は古いがエンジンは調子が良いと言っていたし値段も折り合いがついたので購入。

当時の私はバイクの知識がほとんど無かった為に、後々の事態に気づくことは無かった・・・(_ _;)

まずは年式を調べるために検索すると、型式の多さにビックリ。
とりあえず自分のバイクと各型式を見比べたが・・・あれ?一致する型式が無い・・・。

自分のセローの特徴(?)をまとめると
①セル付き
②リアブレーキはドラム式
③リアサスはリザーバータンク付き
④ハンドルにはブッシュガードが付いている
⑤ヘッドライトはON/OFFスイッチがあってバッテリー直結ではない。
⑥メーターは社外品(←走行距離は不明、でもエンジンは調子いいと言ってたし))
となる。

色々と検索して調べていると「セローマスターブック」と言う本があるのを発見→購入(ポチっと)

S_S_R0010202.jpg

この本を参考にした結果・・・年式は89年式あたり。つまり3RW1だと思います。たぶん。
このセロー、一見ノーマルに見えるがそこそこいじられてる事が判明。


どうしよう、と悩んだが少しずつ勉強して整備していけば良いか、と開き直って
またまた購入(ポチっと)。パーツリストとサービスマニュアルです。
S_S_R0010203.jpg

自分で整備時には必要ですね。やっぱり。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。