スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン内部のフラッシングとコーティングを試す。⇒再開・SOD-1投入

新しいセロー225がやってきました。
まず初めにオイルの状態をチェックします。

オイルフィルターの状態ですが、異物がかなり多いです。
R0010821.jpg


続いてドレインボルト側のフィルター(金網)の状態です。わずかですが細かい異物があります。
R0010822.jpg

オイルの状態はよくないですね。即交換しましょう。
そこで前回一時中断していた、エンジン内部のフラッシングとコーティングを再開します。



使用するオイルはヒロコーのKZ飛竜使います。
飛竜は15W-50の中でも、やや固めなのオイルなので冬場に使用するオイルとしては不向きな面があるものの「一般のエステルよりもさらに強力な吸着膜を形成する」とメーカーHPにあるのでSOD-1との相性はあるくないのでは?と思うからです。
それとフィルターは純正ではなくK&Nを使用します。
R0010824.jpg

フィルター内の構造が純正とは若干違いますが大丈夫でしょう。多分。

SOD-1の添加量はオイル総量の10%です。フィルターも交換するので、100cc投入します。
SOD-1の粘度はヒートカットと同程度の固さなので最終的なオイル粘度としては15W-50よりやや固めになります。冷間時の始動性はさらに悪くなりそうですね。



給油をかねて10kmほど走行しましたが、キャブのセッティングがあっていません。。(途中でエンスト3回も)
エアスクリューとアイドリングスクリューを再調整して、さらに30kmほど走行。
とりあえず普通に乗れる状態になりました。

印象としては、やはり高回転ののびは悪いですね。
まだ、色々と状態を確認しなければならないので外見から見て行きたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。